2014年2月25日「今年は更に期待がかかる」

先週末から、次世代リーダー養成プログラムに参加する中高校生たちへの
指導が始まった。

大阪府・私立高槻中学高校
京都府・私立洛星中学高校
奈良県・私立西大和学園中学高校

本プログラムが発足した3年前に、全国に先駆けて名乗りを上げた
3校である。
本プログラムに参加する生徒たちの能力・資質・意欲は
間違いなく日本のトップレベルにある。
これら非凡な才能を開花させ、真の次世代リーダーに成長させるため
関係者の熱意は並々ならぬものがある。

これまでの参加者からは、
世界各国の高校生が国連の会議を模して国際問題の解決策を討議する
「グローバル・クラスルーム国際模擬国連大会」(ニューヨーク開催)にて
優秀賞の受賞や、
数学オリンピックで金賞受賞など、輝かしい結果を次々と残し始めている。

そんな彼らに僕が指導強化するのは、
コミュニケーションの基礎中の基礎。

次世代リーダーになるためには、

「人に親しみ人に親しまれる人間力

を身につける必要がある。

基礎を蔑にすれば、すべてうまくいかない。

3年目に突入した本プログラム。
生徒たちのやる気と本気度も年を追うごとに増している。

持ちうる力すべてを出し切って指導にあたる。